悪魔の吐きだめ

映画とかドラマとかのことを書いてます。

「スパイダーマン : ノー・ウェイ・ホーム」を観た

f:id:delorean88:20220110115827j:image

スパイダーマン : ノー・ウェイ・ホーム」をようやく観た。「ネタバレ厳禁」が強く喧伝されていたものの、アメリカでの公開からタイムラグがあったせいでYouTubeやらニュースサイトでネタバレを食らってしまうということもあり、公開前にはおちおちネットも開けない状態だった。
そうして「ようやく」観た後の感想を一言で言えば、「めちゃくちゃ楽しかった」である。とは言え手放しで褒められるかというとそんな事は無くて、うーん・・・と思う不満もTwitterには書けないので、ここに感想を書いていきたい。

(以降ネタバレあり)

 

 

 


やっぱり興奮したのは、トビー・マグワイアアンドリュー・ガーフィールドの先代スパイダーマンの登場、かつ垣根を越えて3人が揃うという展開だったのは間違いない。スパイダーマン自体に思い入れがそこまである訳ではないが、サム・ライミ版を公開当時に観ていた身としては、出会うはずの無いスパイダーマンの歴代3人が揃う展開は本当に胸が熱くなった。


しかし、折角揃ったのにそこで生まれる会話やドラマが少し物足りないと感じてしまった。まず、アンドリュー・ガーフィールドトビー・マグワイアが登場する場面、この2人のやり取りを見たいのに、ネッドとネッドの祖母のやり取り(コメディ)がノイズに感じてしまう。(ましてやネッドの祖母は初登場であるし・・・)
続く、トム・ホランドと合流した後の理科室のくだりもストーリーが停滞してしまい、高揚感も持続せずになんだか、、、楽屋話を聞いてる気分になってしまった。


そして何よりもジョン・ワッツのアクション演出力不足。テンポは良いのだが、せっかく3人揃ってのスパイダーマンなのに目を見張るようなアクションが無いのが本当に残念だった。(もしサム・ライミが撮っていたら・・・と観ながら想像してしまった)

こうした不満はあったものの、 「アメイジング」で最後に亡くなったグウェンの後悔(続編が作られなかった故に中途半端になった話)をガーフィールドスパイダーマンが救うことで“救済”したり(この時のガーフィールドの演技が本当に最高!)、歴代ヴィランたちを牽引するウィレム・デフォーの全く衰えない最狂の演技が観れたりと楽しめた部分の方が圧倒的に多い。


脚本を手掛けたのは、エリック・ソマーズとクリス・マッケナの「Community」のコンビ。よくある30分のシットコムかと思いきや、メタ構造やタイムリープネタで他に類を見ないコメディドラマ出身の彼らは、前作の「ファー・フロム・ホーム」でもトリッキーなツイストを用意していたが、今回もまぁよくもドラマ同様にこんなめちゃくちゃでファンフィクションのような話を仕上げたものだと改めて驚く。

トム・ホランド演じるシリーズは今作で最後のようだが、3人の「スパイダーマン」が揃い踏みし、これまでの敵を成仏するという展開は、“親愛なる隣人”という名に相応しい最終作だったと思う。

エンディングで流れるのは、デ・ラ・ソウルの「The Magic Number」という曲。

その歌詞を見ると、

“3 That's the Magic Number”

3、それは魔法の数字

“Without my 1 and 2 where would there be My 3”

1と2がなければ僕の3番目は存在しないんだよ

という歌詞が先代のスパイダーマンマグワイアガーフィールド)あっての今がある、という内容とリンクして聴き返すと更に泣けてきてしまう。

2021年 映画ベスト10

毎年恒例の今年観た(公開・配信された)映画ベスト10について。

f:id:delorean88:20211231070235j:image


第10位「バーブ&スター ヴィスタ・デル・マールへ行く」

f:id:delorean88:20211231070247j:image
クリステン・ウィグとアニー・マモロウの「ブライズメイズ」コンビの新作ということで期待していたが、前作と打って変わって完全にバカバカしいコメディに振り切った快作(怪作)。中年期の女性の悲哀を混ぜたコメディになるかと思いきや、ツッコミ不在のまま突き進む異様さと底抜けにハッピーな展開にある意味感動。


第9位「ザ・スーサイド・スクワッド

f:id:delorean88:20211231070259j:image
ディズニーに一時切られたジェームズ・ガンがワーナーと手を組んで、お金かけて好き放題やりまくった大作。今の時代にこんなビッグバジェットなB級映画(褒めてる)が作られることに心底驚いた。とはいえ後半からは陰に生きる人々をフィーチャーした展開はこれまでのガンの作品にも共通する至って真面目な映画でもあったなと思う。


第8位「ドント・ルック・アップ」

f:id:delorean88:20211231070312j:image
超豪華俳優陣を揃えて今のコロナ禍とメディアと政治を全てひっくるめたブラックコメディとしてゲラゲラ笑いながらも、あまりに現実と地続きな話にギョッとする。すっかり最近は政治映画専門となったアダム・マッケイだが、近年の作品の中でも特に面白かった。


第7位「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

f:id:delorean88:20211231070322j:image
007への思い入れはそこまで無いのだが、ダニエル・クレイグのボンドの最終作としてもアクションとしても楽しめた一本。やはり何より白眉は、アナ・デ・アルマスとクレイグのアクションシーケンスで、この軽快さとユーモアは間違いなく脚本に参加したフィービー・ウォーラー=ブリッジの功績だと思うし、全編でこのノリが続いて欲しかったという気持ちもある。


第6位「スポンティニアス」

f:id:delorean88:20211231070332j:image
ティーンエイジャーの身体が爆発する奇病が発生する死と隣り合わせの中で出会った男女の物語」というあらすじだけでは全く訳が分からないのだが、そんな変わった設定ながら中身はめちゃくちゃピュアな学園ラブコメ映画という佳作。チャーリー・プラマーとキャサリン・ラングフォードの演技もさることながら、10代の刹那な日常の切り取り方が秀逸だった。


第5位「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

f:id:delorean88:20211231070343j:image
広大な荒野を舞台に、高圧的な牧場主とそれを取り巻く人々の関係性がヒリヒリと描かれるのだが、何よりもベネディクト・カンバーバッチとコディ・スミット=マクフィーの演技の素晴らしさ尽きる。カンバーバッチ演じるフィルというキャラクターとマクフィー演じるピーターのパワーバランスが一気に逆転する場面は鳥肌モノ。単に“トキシック・マスキュリニティの解体”という言葉で片付けてはいけない、美しくもアブない雰囲気を纏った秀作。


第4位「ミッチェル家とマシンの反乱」

f:id:delorean88:20211231070348j:image
映像が凄い、アクションが凄い、という以上に久々に超面白いコメディ映画だった。もちろん「スパイダーバース」の制作陣故に映像の情報量も途轍もないのだが、全編に渡るギャグの嵐と家族愛をテーマにめちゃくちゃ綺麗に収めてる点でも本当に凄い作品。


第3位「花束みたいな恋をした」

f:id:delorean88:20211231070355j:image
恐らく観る人によっても思い入れや評価が変わる「あの時」を追体験できる胃痛恋愛映画。どの場面を切り取っても男女双方の視点で語ることができる点においても凄い作品で、今さらながら脚本家 坂元裕二のスゴさを知った一本。
別記事に感想を書いてるのでそちらも。


第2位「アメリカン・ユートピア

f:id:delorean88:20211231070452j:image

トーキング・ヘッズは数曲知っている程度で、世代でも大ファンでもないのだが、まさかここまでハマるとは思ってなかった。デヴィッド・バーンの歌唱力と、楽器隊の生演奏の迫力、ヘンテコで癖になるダンスが組み合わさった時の高揚感がハンパない。特に「This Must Be The Place」の“Ooh〜”のくだりで行進するところが最高に好きです。


第1位「マリグナント」

f:id:delorean88:20211231070420j:image
ホラー作品の監督から暫く離れ、すっかり大作映画監督のイメージとなりつつあるジェームズ・ワン。「死霊館3」の監督からも退いた裏で進めていた完全オリジナルの新作ホラーに期待していたが、まさかこんなトンデモ映画だったとはという驚き。そして、無茶苦茶な話ながら、これまで培った演出力で、ジャンプスケアに頼らない流麗なカメラワークやトンチキアングルのビジュアルの洪水で眼福&大満足。この暗い世の中でも、こんなぶっ飛んでとにかく楽しい映画からパワーをもらえたのが嬉しくて敢えて今年のベストとしました。


〈次点〉
「ファーザー」
親子のドラマかと思いきや、アルツハイマー患者の視点に立ったホラーでびっくりした。

「ビーチ・バム」
ユルいマシュー・マコノヒーのメロウなロードムービーとして面白かった。

「ズーム/見えない参加者」
「アンフレンデッド」と同じ系統かと思って嘗めてたら、あらゆるアイデアが凝縮されていて感動。世のZOOM系コンテンツはこれを見倣ってほしい。


〈見逃し旧作ベスト5〉
「スリー・フロム・ヘル
デビルズ・リジェクツが哀愁たっぷりに帰ってきただけで泣いた。

「恐怖のセンセイ」
新時代のファイトクラブ

「わたしたち」
小学生時代を追体験して号泣。

「ザ・ライダー」
意外にもサスペンスとして一級の面白さ。

「ソウルフル・ワールド」
物語、映像、音楽どこを取っても超一級。

2021年 ドラマベスト10

毎年恒例の今年のドラマランキング個人ベスト10について。

f:id:delorean88:20211229175148j:image


10位「メア・オブ・イーストタウン」(HBO)

f:id:delorean88:20211229175138j:image

ケイト・ウィンスレット主演の骨太ミステリー。小さな田舎町を舞台にした狭いコミュニティ内で顔見知りであるが故の疑心暗鬼となる人間ドラマの重厚さが流石HBO。ウィンスレットは言わずもがな、今年のエミー賞で無名ながら助演女優賞を受賞したジュリアンヌ・ニコルソンはじめ、住民役の役者陣がほぼ全員ハイレベルな演技をしているのも見どころだった。


9位「フィール・グッド」 シーズン2(Netflix

f:id:delorean88:20211229175215j:image
コメディアンのメイ・マーティンの実体験を自らドラマ化した今作。シーズン1も素晴らしかったが、今シーズンでは主人公メイのトラウマへの向き合い方、心の機微を丁寧に(時に馬鹿馬鹿しくも)描いていてとても良かった。


8位「ザ・チェア」(Netflix

f:id:delorean88:20211229175224j:image
サンドラ・オー主演、女優のアマンダ・ピートがショーランナーを務め、旦那のデヴィッド・ベニオフとD.B.ワイスのGoTコンビがプロデュースの「大学の教授陣の政権争いを描いたコメディ」と聞いて、まったく想像がつかなかったが、大学学部長を中間管理職として描きその悲喜こもごもを哀愁たっぷりに描いた作品として今年一ウェルメイドで期待を超えた面白さだった。サンドラ・オーの演技の巧みさも再認識。

 


7位「マスター・オブ・ゼロ」シーズン3(Netflix

f:id:delorean88:20211229175233j:image
待望のシーズン3ながら、主演兼ショーランナーだったアジズ・アンサリはバックに回り、リナ・ウェイスとナオミ・アッキーを主役としたカップルのドラマを描いた今作。「Moment In Love」というサブタイトルが付くように、恋人同士だった2人が徐々にすれ違うまでの顛末、人生の楽しかった瞬間を切り取った丁寧なドラマに胸が締め付けられた。これまでにあったようなコメディの部分が無いため評価は分かれたものの、こうしたミニマムな人間関係こそが今作の魅力であり、「Master Of None」というタイトルが表すように「器用貧乏な」人間ドラマではないかと思う。

 


6位「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ)

f:id:delorean88:20211229175242j:image
日本のドラマは殆ど観ないのだが、今作に関しては久々に「ハマった」という1本。決して大きな事件が起きることは無いのだが、松たか子演じる大豆だとわ子と周囲の人間ドラマ、コメディとサプライズの絶妙なバランスと、エンディングに至るまでの作り込みに毎週楽しみになってしまったドラマ。同じ脚本家の坂本裕二の過去作「最高の離婚」や「カルテット」も追いかけて観てすっかりドハマりしてしまいました。

 


5位「神話クエスト」シーズン2(Apple TV+)

f:id:delorean88:20211229175253j:image
とあるゲーム開発会社を舞台にしたオフィスコメディとしてシーズン1はそこそこに楽しめたかなという印象だったが、シーズン2はギャグのキレが格段に上がりめちゃくちゃ笑えるとともに、前季で登場したキャラクターたちが際立ち一人一人のドラマが描けている点ですごく面白かった。シーズン1から2になる点で明暗が分かれるのはこのドラマをきちんと描けるかどうかではないかと今更ながら思う。昨年ベスト10に入れるぐらい面白かったのにシーズン2がまるで駄目だった「テッド・ラッソ」、「私の”初めて”日記」に共通して言えるのはこのキャラのドラマ、成長を描けていなかった点にあると思う。

 


4位「メイドの手帖」(Netflix

f:id:delorean88:20211229175300j:image
「夫のDVから逃げるために娘を連れて家出した主人公がメイドになってお金を稼ぐ話」と聞いてあまりの重いテーマに観る気がなかなか起きなかったし、実際に重い物語と展開で気が滅入ることもあったのも事実。だが、それ以上に主演のマギー・ケアリーの憂い顔をしつつも気丈に振る舞う演技が(コメディ要素込みで)素晴らしく、かつハイテンポな演出で”ドラマ”というエンターテイメントにうまく落とし込んだ面白さがあった。後から監督・製作が「ER」シェイムレス」のジョン・ウェルズだと知り、驚きつつも納得した。

 


3位「ホワイト・ロータス」(HBO)

f:id:delorean88:20211229175308j:image
ハワイのリゾートホテルを舞台にした宿泊客と従業員とのゴタゴタを描いたまさに”グランドホテル”形式のコメディドラマ。ブラックな笑いとぞれぞれの衝突が張り詰めていく中で、カットインで映し出されるハワイの絶景が素晴らしく、こんな大自然の中でもこんなにも醜くくて小さい諍いが起きるという皮肉さが良い。全話の脚本・監督を務めたマイク・ホワイトの手腕と、終始ヘコヘコと奇妙に鳴り続けて耳に残るテーマ曲、そして誰しも印象に残るであろうジェニファー・クーリッジの暴走演技で、唯一無二の世界観を作り上げた、楽しくも今年一クレイジーな1本。

 


2位「地獄が呼んでいる」(Netflix

f:id:delorean88:20211229175418j:image

ある日突然地獄から来た使者が特定の人間を焼き殺す事件が発生し・・・という物語から驚きのツイストを加えた救いのない展開ながら、アクションの楽しさも兼ね備え、個人的には「イカゲーム」よりも遥かに面白く見どころがある韓国ドラマだった。「新感染」のヨン・サンホの作家性というのがイマイチ掴めていなかったが、人間の汚さという部分を煮詰めてエンタメに昇華する巧みさというのが今回で証明されたように思う。

 


1位「セックス・エデュケーション」シーズン3(Netflix

f:id:delorean88:20211229175424j:image
シーズン1、2も観続けて好きなドラマではあったが、まさかここまで化けるとは・・・こんなにも泣かされるかと驚かされた意味でもダントツで今年一位のドラマ。性教育がテーマだけに前季まではイロモノ的なコメディ要素がメインだったが(それがこのドラマの魅力でもあったが)、今シーズンでは2年かけて描いたキャラクターたちをミックスし、一人一人をさらに深堀りしてこんな一面があったのか!と何度も笑いながら涙ぐんでしまった。

 


<次点>
「モーニング・ショー」シーズン2(Apple TV+)
ギョッとするエピソードもあり基本楽しめたが、いち早くコロナをテーマに取り入れつつも少し時期尚早で粗が目立ったのが残念。

「マーダーズ・イン・ビルディング」(Star/ディズニープラス)
スティーヴ・マーティンマーティン・ショートの懐かしい2人とセレーナ・ゴメスが織りなす古き良きミステリーという趣で、今年サプライズヒットとなった1本。ミステリーとして十分楽しめたものの、少しエンジンがかかるのが遅かった点と、やはりギャグがちょっと古かった・・・

 


<見逃し旧作ベスト5>
今年のドラマではないものの、見逃して面白かった5本もここで供養させていただきたい。

「バリー」 シーズン2(HBO)
第5話「ronny/illy」が最高!

「ザ・クラウン」シーズン3(Netflix
シリーズ最高傑作。

「ピュア」(BBC
何故UKドラマはこんなにも繊細で泣けるのか。

「Pバレー」(Starz)
ストリッパー版「オレンジ・イズ・ザ・ニューブラック」。

「僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE」(HBO/Sky Atlantic)
ジャック・ディラン・グレイザー君の虜です。

2021年エミー賞受賞結果

珍しく多くの予想が当たった今年のエミー賞。サプライズは少なかったが、コロナ禍でアットホームな雰囲気の授賞式が良かった。やっぱりエミーはオスカーよりも敷居が低く観ていて楽しい。以下受賞結果について。

 

●ドラマ部門

・作品賞

f:id:delorean88:20210920123744j:image

予想 ザ・クラウン

受賞 ザ・クラウン

これはもう納得の受賞なので。

 

・主演女優賞

f:id:delorean88:20210920123922j:image

予想 エマ・コリン

受賞 オリヴィア・コールマン

ここはダイアナ妃のエマ・コリンかと思ったが…女王は強かった。

 

・主演男優賞

f:id:delorean88:20210920124028j:image

予想 ジョシュ・オコナー

受賞 ジョシュ・オコナー

こちらは的中。あそこまで視聴者をイラつかせたチャールズ皇太子が受賞。他のキャストやメンバーがイギリスから中継参加にも関わらず、オコナーだけアメリカに来ていたところを見ると受賞は自分でも予想していたのだろう。とは言え劇中のチャールズ同様に猫背ではにかみながら用意してきたメモを読み上げる姿は可愛いらしかった。

 

助演女優賞

f:id:delorean88:20210920124131j:image

予想 ジリアン・アンダーソン

受賞 ジリアン・アンダーソン

こちらも的中。あの癖のある話し方、最終話の感情露わにした鉄の女の演技はほんと素晴らしかった。

 

助演男優賞

f:id:delorean88:20210920124251j:image

予想 マイケル・K・ウィリアムズ

受賞 トバイアス・メンジー

まさかここも「ザ・クラウン」とは…今までのシーズンと比べてもフィリップがフィーチャーされる回は無かったのでこの受賞は少し疑問が残る。

 

●コメディ部門

・作品賞

f:id:delorean88:20210920124655j:image

予想 テッド・ラッソ

受賞 テッド・ラッソ

ここも下馬評通り、予想通り。とは言え監督賞、脚本賞が「Hacks」が受賞してしまったので少しハラハラしたが。来年以降も良きライバルとなりそう。

 

・主演女優賞

f:id:delorean88:20210920124907j:image

予想 ジーン・スマート

受賞 ジーン・スマート

こちらも予想通り。主演としては初受賞、壇上でも貫禄あるスピーチでした。

 

・主演男優賞

f:id:delorean88:20210920125026j:image

予想 ジェイソン・サダイキス

受賞 ジェイソン・サダイキス

ここも予想通り。エミー賞のノミネートも初。SNL時代の恩人ローン・マイケルズに感謝を述べていたのが印象的だった。話は逸れるが、今年は特にSNLの現役キャスト、サダイキスのようなOBメンバーの活躍が目立った。こうしてレベルの高いコメディアンを発掘し続ける番組として今だに一定の評価を保ち続けているローン・マイケルズは本当に凄い人物だ。

 

助演女優賞

f:id:delorean88:20210920125512j:image

予想 ハンナ・ワディンガム

受賞 ハンナ・ワディンガム

ここも的中。初ノミニーの初受賞。ドラマのキャラとは打って変わって受賞にはしゃぐ姿が微笑ましかった。

 

助演男優賞

f:id:delorean88:20210920125720j:image

予想 ボーウェン・ヤン

受賞 ブリット・ゴールドスタイン

ここで予想を外した。ただ納得の受賞ではある。ボーウェン・ヤンはいつかきっとケイト・マッキノンのように跳ねることは間違いないので受賞もそう遠くないだろう。(プレゼンターとしてもしっかり笑いを取っていた)

 

●リミテッドシリーズ部門

・作品賞

f:id:delorean88:20210920130137j:image

予想 メア・オブ・イーストタウン

受賞 クイーンズ・ギャンビット

「クイーンズ・ギャンビット」は配信から時間が経ってしまっているため受賞は「メア・オブ・イーストタウン」に賭けたが…やはり強かったか。監督賞が「クイーンズ〜」、脚本賞が「I May Destroy You」だったためドラマシリーズ部門より混戦だった。

 

・主演女優賞

f:id:delorean88:20210920130345j:image

予想 ケイト・ウィンスレット

受賞 ケイト・ウィンスレット

ここはベテランの納得受賞。オスカーを受賞していてもやっぱりテレビの賞でも獲れて大喜びしているウィンスレットを観て嬉しかった。

 

・主演男優賞

f:id:delorean88:20210920130659j:image

予想 リン=マニュエル・ミラン

受賞 ユアン・マクレガー

ここは当てずっぽうだったので。

 

助演女優賞

f:id:delorean88:20210920130858j:image

予想 ジュリアンヌ・ニコルソン

受賞 ジュリアンヌ・ニコルソン

ずばり的中!ニコルソンはほぼ賞レース経験の無い女優だったのでこういう人が実力を認められて受賞するのは本当に嬉しい。

 

助演男優賞

f:id:delorean88:20210920131026j:image

予想 エヴァン・ピーターズ

受賞 エヴァン・ピーターズ

こちらも的中。スピーチで喜びが爆発して「ケイト・ウィンスレット!」と叫んだ瞬間は怒っているのかと思った。律儀にライアン・マーフィーにお礼を述べていたのも好印象。たしかに彼のおかげでここまで来れたのは間違いない。

2021年エミー賞予想

いよいよ明日に迫った第73回エミー賞について毎年恒例の受賞予想。

 

●ドラマ部門

f:id:delorean88:20210919163409j:image

作品賞は「ザ・クラウン」と予想。今回がシーズン4にあたる今作だが、ドラマとして純粋にめちゃくちゃ面白かったという点で推したい。「ザ・ボーイズ」、「マンダロリアン」、「ブリジャートン家」はエンタメ色が強いため受賞は無いだろう。(どれも面白いのは確かだし好きではあるけど)「ポーズ」ファイナルシーズン、「This Is Us」シーズン5は未見のため評価できないのが残念。

 

f:id:delorean88:20210919164815j:image

主演女優賞は「ザ・クラウン」でダイアナを演じたエマ・コリンと予想。エリザベス女王オリヴィア・コールマンすらも食ってしまっていた。ライバルは同じく初ノミニーの「ポーズ」のMJ・ロドリゲスかと。

 

f:id:delorean88:20210919164133j:image

主演男優賞は「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子を演じたジョシュ・オコナーと予想。今作のヒールとしても抜群の悪役ぶりだった。スターリング・K・ブラウン、ビリー・ポーターの可能性も捨てきれないが2人とも過去に一度受賞しているため初ノミニーのオコナーに票が行く可能性が高いと踏んだ。

 

f:id:delorean88:20210919172424j:image

助演女優賞の候補がほぼ「ザ・クラウン」と「ハンドメイズ・テイル」に染まっているのが凄いが、ここはやはりサッチャーを演じたジリアン・アンダーソンと予想。ただ票割れが起きる可能性も捨てきれず「ラヴクラフトカントリー」のアーンジャニュー・エリスの受賞もあり得るかと。

 

f:id:delorean88:20210919172459j:image

助演男優賞は亡くなったマイケル・K・ウィリアムズと予想。

 

●コメディ部門

f:id:delorean88:20210919165954j:image

コメディ部門の作品賞はやはり「テッド・ラッソ」と予想。ライバルは「Hacks」か。「フライトアテンダント」も面白かったがちょっと粗が目立つドラマだったので。「エミリー、パリに行く」についてはノーコメント!

 

f:id:delorean88:20210919170102j:image

コメディ主演女優賞は「Hacks」のジーン・スマートと予想。主演としては初となる受賞を期待。

 

f:id:delorean88:20210919170501j:image

コメディ主演男優賞はジェイソン・サダイキスと予想。他候補と比べてもこれは間違いないだろう。

 

f:id:delorean88:20210919170902j:image

コメディ助演女優賞は、SNLからマッキノン、ブライアント、ストロングの3名がノミネートされる快挙となったが票割れして「テッド・ラッソ」のハンナ・ワディンガムと予想。

 

f:id:delorean88:20210919171135j:image

コメディ助演男優賞は願いも込めてズバリ、たSNLのボーウェン・ヤンと予想。ヤンが獲ったらスゴいという気持ちもあるけど、抜群の存在感と面白さで言えば可能性は全然アリ。

 

●リミテッドシリーズ部門

f:id:delorean88:20210919171333j:image

リミテッドシリーズ部門の作品賞は「メア・オブ・イーストタウン」と予想。めちゃくちゃ良くできたサスペンスとして面白かったので。「クイーンズ・ギャンビット」も可能性はあるが配信から投票までに少し間が空きすぎてしまっているので。「ワンダヴィジョン」も面白かったけど…

 

f:id:delorean88:20210919171553j:image

リミテッドの主演女優賞はケイト・ウィンスレットと予想。ライバルは今をときめくアニャ=テイラー・ジョイか「I May Destroy You」(はやく観たい!)のミカエラ・コールか。

 

f:id:delorean88:20210919171834j:image

リミテッドの主演男優賞は「ワンダヴィジョン」以外観ていないので正直分からないが「ハミルトン」のリン=マニュエル・ミランダか。

 

f:id:delorean88:20210919172822j:image

リミテッドの助演女優賞は「メア・オブ・イーストタウン」のジュリアンヌ・ニコルソンと予想。正直この方は存じ上げなかったのだが、素晴らしい演技だった。ジーン・スマートとキャスリン・ハーンのコメディエンヌっぷりも良かったが。

 

f:id:delorean88:20210919173445j:image

リミテッドの助演男優賞は全員が初ノミネートというフレッシュな顔ぶればかりで予想が難しいが、ここはエヴァン・ピーターズに。

ヨルゴス・ランティモスの描く唯一無二の世界「アルプス」

f:id:delorean88:20210905142120j:image

思い返してみて登場人物たちが一人として涙を溢していただろうか、と思ってしまう。
唯一涙を溢していたとしたら、目薬を差されていた主人公の父親だろう。それも強引に、だ。


「アルプス」の名付けられたグループは、突然家族を亡くした遺族に故人に成り代わって悲しみをケアしている。いや、ケアなのかどうかすら怪しい。彼らがこういった成り代わりを行う目的は明らかにされないからだ。
そこに所属する看護師の主人公が「アルプス」のメンバーに黙って勝手に故人の成り代わりを始めたことから起きる顛末が描かれる。


その故人に成り代わる演技も下手だし、故人の口癖すらも棒読み。“演じさせられている”という感じが強く、それに対する遺族も懐かしんだり、悲しんだりということもない。ただ、“演じる者”と“それを観る(見るではなく)者”の不安定な関係性だけが映し出されるのである。
そこにあるのは、誰かに真似事をしないと生きていけないというアイデンティティの欠如とも思える。


ヨルゴス・ランティモスの描く作品のキャラクターは一貫して「映画」という書き割りの中である種の「ルール」を課せられていて、その中で行動すること、感情を出すことを機械的に“強いられている”(ように観ている側は感じる)。「籠の中の乙女」や「ロブスター」、「聖なる鹿殺し」のいずれの作品でも、主人公たちは自らに課したルールをひたすら守り、決して逸脱しようとしない。その不穏な程の窮屈さ、偏屈さ(それ故の可笑しさ)はヨルゴス・ランティモスしか作り得ない唯一無二の世界観ではないだろうか。

「花束みたいな恋をした」の感想と妄想

観ている間Apple Watchが盛んに振動して心拍数が上昇していることをしつこく知らせてくるので、途中で外してしまった。観終わってそのまま帰路につき、徐にパソコンを開いてこれを書いている。「花束みたいな恋をした」は、きっと誰しも誰かに話したくなる作品だと思う。(ただその相手が恋人かどうかは別として)だからここに感想と妄想、思いを書き出したい。

f:id:delorean88:20210212202624j:plain

まず「花束みたいな恋をした」というタイトルは”した”というのがミソで、”する”でも”している”でもなくて、”した”のであってそれは過去形である。つまりこのカップルの終わりは既に冒頭から分かっている。2015年、付き合い出した2人が2020年に別れる。2人の結末がわかった上で観ることはとても辛い。いま付き合っている相手がいる人であれば尚更じゃないか?

菅田将暉演じる「麦くん」は調布に住み、有村架純演じる「絹ちゃん」は飛田給に住んでいる。2人を繋ぐのは常に京王線で、昔沿線上に住んでいた自分も懐かしい気持ちになる。
名大前で終電を逃した当時大学生の2人は、同じく終電を逃した会社員と思しき男性と女性、皆見ず知らずの状態でどうせなら、と飲みに行く。するとひょんな事から映画の話題になった時に、男性が「俺、結構マニアックな映画知ってるよ?ショーシャンクの空に、とか」と言う。女性もそれに乗っかって「私も魔女の宅急便(実写版)最近観たの〜」と言い出す。これに麦くんと絹ちゃんは苦笑する。もちろん観ているこちらも苦笑する。そこであぁなるほど、これはアウトサイダー同士なのだなと分かる。
善し悪しを言うのではないけれど、きっとこの社会人男性と女性側と全く同じ意見の人もいると思う。(というか現にいる)毎回映画好きの指標で「ショーシャンク」が持ち出されるのも可哀想な気もするが・・・今作の主人公の麦くんと絹ちゃんは”そちら側”ではない人間ということが瞬時に分かるエピソードだ。メインではない、サブの趣味。だから今作にはいわゆるサブカルチャーと呼ばれるような作品が多く触れられる。

その後2人になった麦くんと絹ちゃんは、意気投合しお互いに好きな本挙げる。穂村弘、今村夏子、羅列羅列羅列・・・観ようとしていたお笑い芸人のライブも履いている靴も同じ。同じ趣味嗜好。こんなことあるのか?答えは「ある」。稀に本当にそういう出会いはある。じゃあそんな趣味が合う2人が付き合えばベストカップルになってうまく行くか?という疑問というより、趣味が合う合わないという以前に、最高の状態で付き合い始めた恋人同士でも年が経つにつれて心が離れる、誰しも起こり得る話であって、映画の中で何か大きなイベントやアクシデントが起きずに別れることになる。これがこの映画の肝であって無茶苦茶に刺さる。

実家暮らしの絹ちゃんは就活のプレッシャーで親と合わなくなっていて、それに対して麦くんは「同棲しよう」と持ちかける。この麦くんの提案と言う部分が、後からも効いてくる。彼が行う大きな提案は「現状打破」という意味合いが強い。絹ちゃんは基本相手に同意するタイプで、すんなりこれを受け入れる。
調布駅から徒歩30分のマンションに住み始め、一緒に同じ本を読んで泣き、同じ映画を観て笑い、同じ時を過ごす。麦くんはイラストを描く仕事で細々と稼ぎ、絹ちゃんはアイス屋でアルバイトをする。

ここで大きな転機となるのが、麦くんの就職である。麦くんは新潟に帰るように言う親に反発し仕送りを止められてしまう。麦くんというのは、大学生の頃からおっとりした性格なのだが、生活を続けるために就職を選ぶとその性格が変わり始める。もとは夢だったイラストを描く仕事をしたいのだが、とりあえず一旦就職して仕事の合間で絵を描き続けようと考える。お金が貯まってちゃんと落ち着けば、また本来の目指す道に専念できる、と。既にこの時点で胸が苦しい。結果が目に見えているからだ。なぜなら自分自身が全く同じだったから。
17時で終わると聞いていた仕事は20時過ぎまでかかり、休日も仕事にかかりきりになる。2人で一緒に行くはずの舞台にも行かず、絹ちゃんだけがゲームをクリアして、漫画も先に進む。
「大きい音出してゲームしていいよ」と言いながら耳栓をする麦くん。気持ちが分かる。そうしたくないけど、そうなってしまう。「なんでもう前みたいに本を読まなくなったの?」と絹ちゃんに聞かれて、麦くんは「もうパズドラしかやる気が起きない」と言い放つ。辛い。

必ずしも仕事をすると全員そうなるわけではないが、麦くんのようになってしまう人(僕みたいに)は一定数いるのではないか。それが一律に悪いこととも言い切れない気もする。麦くんは絹ちゃんだけが変わらずにいつづけることに憤りを覚える。自分はこんなに頑張っているのに、責任持って仕事をしているのに。そんな独り善がりの言葉で絹ちゃんを傷つける。かつて就活で傷ついていた絹ちゃんを慰めた麦くんはそこにはいない。

だから2人の別れは本当に辛くて悲しい。麦くんはまたしても現状打破をする提案を持ちかけ、絹ちゃんはそれに納得するように自分に言い聞かせようとする。だが、もう2人は出会ったあの頃には二度と戻れないことを出会った場所で知ることになる。

事故も妊娠も何も起きない恋愛映画でありながら、ピークの状態で付き合った2人が別れるまでを克明に描いた秀作としてそれぞれの観た人の目線で語りがいのある本当に面白い映画、それが「花束みたいな恋をした」である。(自分の気持ちと少し距離を保つためにここは”面白い映画だった”と強く言っておきたい)

 

追記:絹ちゃんが劇中で観ている「ストレンジャー・シングス シーズン2」は、シーズン1は麦くんと一緒に観て2は1人で観ることに決めたんだろうかとか、テレビの前にあったミイラ展のガチャガチャは2019年の展覧会ものだけどこの時は2人で一緒に観に行ったんだろうか、など細かいところの妄想だけで話が尽きない。